2008年06月22日

猪狩狂の詩2008 vol.2

諸行無常とはよく言ったものですが、あまりにも酷い現実にもう………

今週のファミ通、実況パワプロ15の続報が載ってて
3つのサクセスシナリオの内2つ目が公開されていたのです。
まあ思ったとおり猪狩カイザースの二番煎じの会社が載っていたわけで。
んで登場人物も公開されてました。

shasin.jpg

・神楽坂光彦(かぐらざかみつひこ)

神楽坂グループの御曹司にして、野球部のエース。
ちょっとおバカで、カッコつけのお坊ちゃまだが、野球の実力は本物。


…………え?
あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
『カイザースの二番煎じだけだと思っていたら、猪狩守の二番煎じまで出してきやがった』

ってうおおおおおおおおい!!!!!!!!!

これ考えた野郎…ぶ、ぶっこ、ぶっコロガリータ!
いえいえ、そんな物騒な物言いはしませんよ?
ただ急にコロガリータが食べたくなっただけでですね人間やめちまえクソが!!
あ、またもやすみません!
これは573さんという人気優良ゲーム企業の素晴らしい開発スタッフの方々が創作して下さった、
大好評間違いなしのゲームを受け入れられない狭き心の自分自身を戒める言葉なんですよ、ええ。


で、だ。
完全にこれ猪狩守消しにかかってますよね?
つーか友沢とかがライバルになりきれなかったからって何だこのかぶりすぎの設定は。
ちょっとはひねれって感じですよね。
ああ、それともこの猪狩守にはないダサさがウリのキャラクターなんですかねええ!!
というか舞台設定もテンプレート通りだし何なんだろう。
六道聖の眼鏡とったら美人設定も今の私には寒いだけです。


もうとてつもなくどん引きしました、パワプロ15の開発陣に。
前作からの絵柄も正直好きじゃないし多分今作は買わないかな。下手すれば今作以降もですが。
猪狩が出そうな情報があったらやるかもしれないって位です…

おそらくさようならパワプロ15。
posted by 椎名 at 23:59 | TrackBack(0) | 実況パワフルプロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。